Re:投資競馬 これがリスク回避型複勝コロガシ

複勝コロガシといっても単純にコロガシをするだけではありません。分割してリスクを分散させます。またワイドの買い方も検証して公開していきます。

4/17(日)皐月賞の展望。今年G1、4連勝を狙います。

4/17(日)皐月賞の展望。今年G1、4連勝を狙います。


先週の桜花賞はメジャーエンブレムがとんで
一番いいオッズでいただきました。

ここまでG1に限ってはフェブラリーSからはじまって3連勝。

こと、皐月賞も
以前は苦手なG1の一つでしたが
ここ2年は
イスラボニータ
ドゥラメンテと
ぴたり的中。

いずれの連勝記録も延ばしていきたいです。

f:id:familyfishing:20150219222546g:plain 予想


◎リオンディーズ
○マカヒキ
△エアスピテル
×サトノダイヤモンド

f:id:familyfishing:20160413190345j:plain

(WEB出典:NumberWeb)

馬券は、たての買い目なしで
リオンディーズからの馬連3点と
エアスピテルへのワイドでしょうか。
馬連のオッズがつかないのであれば
ワイドは見送り。

サトノダイヤモンドとの組み合わせは元返し程度に。

 

 

リオンディーズ

前走の弥生賞はかかり気味で追走して、
直線一旦先頭に立つが、マカヒキに交わされてしまった。
ちぐはぐだった前走でもあれだけ走ったという評価に変わりなし。

エピファネイア同様に詰めの甘さは気になりますが
軸はこの馬で。


マカヒキ

弥生賞は王者リオンディーズを見事差し切り。
ただし、あれはリオンディーズがちぐはぐだったレースなのに
対して、マカヒキはすべてがうまくいった。
そんな印象があります。
本番の皐月賞では対抗としました。

エアスピネル

完全に勝負付けがすんだと思われがちが当馬ですが
すべてのレースにおいて、大崩れすることなくきています。
弥生賞でもかかり気味でしたが、それでも3着にきていますので
多頭数の皐月賞、流れがはやくなって
前目につけて、有力馬がけん制し合う流れになれば、
一歩先に抜け出した当馬が勝ちきるまでは難しいが
2着ならどうか。

サトノダイヤモンド

メジャーエンブレムのケースがあったからではないが
当初から、この馬は本命から外していた。
楽勝というのは相手関係が楽すぎた、
または圧倒的に強いのどちらかだが、当馬の場合、前のケースと見る。
ただし、ディープ産駒、押さえておいて損はない。

 


当ブログでは、複勝をメイン、ワイドを少々という感じで書いておりますが
世の中には独自の視点や理論できちんと利益を出されている方もいらっしゃいます。

下記のブログ村の人気ランキング上位ブログなども大変参考になりますよ。↓
にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ
にほんブログ村