Re:投資競馬 これがリスク回避型複勝コロガシ

複勝コロガシといっても単純にコロガシをするだけではありません。分割してリスクを分散させます。またワイドの買い方も検証して公開していきます。

5/26(日)日本ダービー(G1)の予想。

春競馬も早いもので今週は日本ダービー(G1)ですね。


競馬はじめて25年ほど、はじめてじゃないですかねぇ
G1シリーズで未だ、未勝利って。。


そんな輩がブログ上でダービーの予想を世間に公開しているんだから大したもんです、
鎌倉時代なら、虚偽の刑として島流しにあっていたでしょうねw

 

f:id:familyfishing:20190524133600j:plain





 




 

 [  目次 ]

 

 

 

f:id:familyfishing:20150220194802g:plain 予想

 

ダービーを予想するにあたって重視する点は下記のとおりです。

f:id:familyfishing:20150220194802g:plain 皐月賞の実績!

f:id:familyfishing:20150220194802g:plain 血統!

f:id:familyfishing:20150220194802g:plain 東京コース実績!

 

とそもそもこの重視する点から間違っているため
毎回外しているのでは!?という懸念材料は、この春に限って無視しておきますッ

 




 

f:id:familyfishing:20190525085326j:plain



(WEB出典:yahoo競馬



予想印は・・

◎⑬ヴェロックス
〇⑥サートゥルナーリア
▲⑦ダノンキングリー
△⑱シュヴァルツリーゼ
の4頭です。

ヴェロックスは、皐月賞で直線の不利がありながらタイム差なしの2着です。
自在性もあって、ぶっつけ本番で皐月を勝ったサートゥルナーリアより安心できますので本命はこちら。


ということは対抗はサートゥルナーリア
普通に走ったら、この馬が勝つでしょうけど、やっぱり休養明けで皐月賞を勝ったという点が妙にひっかかります。

 

ダノンキングリーは皐月賞こそ勝つことができるG1の最終のチャンスだった可能性があります。
ただ、アドマイヤマーズのようにNHKマイルカップに向かわず、鼻からダービーを目標にした点は好感が持てます。
そのマーズがマイルカップを勝ったように、共同通信杯を勝った当馬にも少ないでしょうけど、ダービー馬の可能性はあります。


シュヴァルツリーゼはキャリア2戦で挑んだ弥生賞で2着。
皐月賞は残念な結果となってしまいましたが、今が成長期!この期間でどれだけ成長しているか。
この馬に魅力を感じます。


プリンシパルステークス勝ったザダルは回避なのか。


オークスがそうであったように皐月賞以外からの別路線組を検証してみましたが
青葉賞のリオンリオンや京都新聞杯のレッドジェニアルはやはり馬券圏内は難しいでしょう。


 

 

 

f:id:familyfishing:20150220194803g:plain 買い目

 

馬券は馬単勝負でBOXかな。

サートゥルナーリアが馬券に絡んでしまったら、
元返しか配当負けを覚悟しておきます。

 

 


回収率300%超の予想家も
にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ
にほんブログ村